|
社会復帰部門

about_h1



生徳 精神科デイナイトケアセンター生徳(せいとく)

「生徳」は、精神科に通院するかたのためのデイナイトケアセンターです。
ここでは社会生活に不安をもつかたのトレーニングをお手伝いします。
たとえば大型パン焼器やクリーニング設備など、
通院しながらグループで楽しく作業するための施設です。
陶芸、園芸、料理、農作業などのプログラムも用意しています。
ここで作ったおいしい生酵母パンは、関連施設や地域のかたがた、
秀峰会のスタッフたちに提供され、喜ばれています。
完全予約型外来で、お茶やクッキーなどを楽しみながら診察を進めます。

生徳の連絡先  電話 048−985−3331
〒343-0851 埼玉県越谷市七左町4−98−1
電話 048-985-3331  ファックス 048- 985-6682
Eメール(北辰)  info@hokusin.org     ›› お問合わせ

↑ページトップへ

◎精神科デイケア・デイナイトケアとは?

病院を退院したあとの社会生活力の回復を目的として各種作業活動、レクリエーション活動、創作活動、生活指導等を行ないます。
日中6時間のデイケアと、日中から夜にかけて10時間すごすデイナイトケアがあります。

[デイケア] 月〜日 午前 9:30〜午後 3:30
[デイナイトケア] 月〜金 午前 9:30〜午後 7:30
※祝祭日はお休みです。

◎目的・特長

退院後の再燃防止のために、
自分づくりや就労準備のために、
数多くの活動・プログラムの中から自分にあったものを選べます。
公共交通機関の利用が困難なかたには自宅送迎サービスがありますので、ご相談ください。


◎活動・プログラム

職業訓練活動 クリーニング、パン作り、各種作業、喫茶、調理、買い物など
身体を鍛える活動 ウォーキング、ストレッチなど
休養・休息 散歩、とくに目的をもたずにすごすこと、静かな部屋での休息など
日常生活活動 更衣・整容・服薬・金銭・時間などの管理、援助など
余暇関連活動 読書、音楽、美術、ボードゲーム、各種クラブ活動など
遊び・趣味の活動 カラオケ、麻雀、ゲームなど
知的活動 新聞部、パソコンなど
創作・表現の活動 陶芸、革細工、籐細工、編み物、手工芸など
社会生活活動 各種行事、生徳パーティー、ミーティング、旅行、地域交流など
クラブ活動 新聞部、合唱部、ダンス部、釣り部、野球部、ギター部など
↑ページトップへ
   
 
施設略歴
1994(平06)年05月 生徳診療所開設
精神科デイケア実施
1999(平11)年10月 移転新築(建物は越谷市建築景観賞を受賞)
精神科デイナイトケア実施
 
   
↑ページトップへ



有朋 精神障害者地域生活支援センター 有朋(ゆうほう)

有朋は、地域生活支援センターの役割を果たしています。ふれあいから心の健康を回復させる社会復帰施設です。施設の中では、感じる心どうしの交流の場をつくっています。
お部屋は囲炉裏をイメージした和風の造り。

24時間体制でご相談に応じています。

有朋の連絡先  電話 048−985−3386
〒343-0851 埼玉県越谷市七左町4−100−4
電話 048-985-3386  ファックス 048- 985-6683
ホームページ(有朋) http://www.geocities.jp/yu_ho_u
Eメール(北辰)  info@hokusin.org     ›› お問合わせ

↑ページトップへ

◎越谷地域生活支援センターとは?

退院後、在宅生活をなさっているかたやそのご家族のために、日常的なご相談に応じたり、就労に関する支援を行なっています。さまざまな地域交流の活動の場として、社会参加の機会を積極的に提供しています。

有朋

◎目的・特長・モットー

地域に広げよう助け合いの輪。
地域で暮らす精神障害者に対しご理解をいただくための地域交流、啓蒙活動をします。
ご家族支援の一環として「家族サロン ゆう」を結成。

電話相談は24時間体制です。
(19:00〜翌朝09:00の時間帯は緊急相談のみとなります) 


◎主なサービス内容

憩いの場
(ご利用自由)
月〜金 10:00〜19:00 土 10:00〜17:00
※日曜・祝祭日閉館

仲間と話しをしたり、お茶を飲んだり、ゆっくりくつろいだり、好きなように使える空間です。
食事サービス
(利用登録制)
昼食・月〜土 夕食・月〜金
※前日までにご予約ください。

ひとりで食べるのが寂しいときにご利用ください。栄養のバランスを考えた美味しい昼・夕食が召し上がれます。
入浴サービス
(利用登録制)
月〜土 10:00〜17:00
※日曜・祝祭日は閉館
ちょっと汗を流したいときに、シャワー付の浴室をご利用いただけます。
相談サービス
(利用登録制)
[来所相談]
  月〜金 10:00〜19:00 土 10:00〜17:00
  ※日曜・祝祭日閉館

[電話相談] 24時間体制です。
  ※平日19:00以降は予約制です。
同行サービス
(利用登録制)
原則として、月〜金 10:00〜17:00

公共施設などへひとりで出かけるのが不安なとき、スタッフがサポートいたします。
家族サロン ゆう 毎月第2土曜日 午後15:30〜 有朋にて開催

同じ悩みをもつ家族同士だからこそ、悩みを共有し、理解しあえるのです。
ミニ就労支援講座 基礎編全5回・応用編全5回 ※詳細はスタッフにお問合わせください

仲間と一緒に働く準備をしよう、あきらめず自分の可能性を信じて!
メンバー座談会 毎月第3水曜日 午後15:00〜 有朋にて開催

共に語ろう、これからのこと。共に築こう、あらたなる仲間を。
定期イベント 登録者以外のご参加も可能です。
スタッフにお問合わせください。
会報「有朋だより」の発行
↑ページトップへ
   
 
施設略歴
1999(平11)年10月 越谷市地域生活支援センター・有朋開設
精神障害者地域生活援助事業開始
 
   
↑ページトップへ



一瓢 精神障害者グループホーム 一瓢(いっぴょう)

「一瓢」は、精神障害たちが共に暮らす共同住宅です。
毎週、面接・相談・自宅訪問などを行ない、また仲間同士で買い物や食事づくり、
地域の行事などに参加しながら、社会復帰に向けた準備をします。
自分の部屋、空間で、仲間と地域生活をエンジョイすることができます。
専門スタッフと24時間、携帯電話での連絡も可能なので安心です。

一瓢の連絡先  電話 048−985−6679
住所 〒343-0851 埼玉県越谷市七左町4−98−1
電話 048-985-3386  ファックス 048- 985-6683
Eメール(北辰)  info@hokusin.org     ›› お問合わせ

↑ページトップへ

◎精神障害者グループホームとは?

退院後、あるいは援護寮・里仁を退寮後、当法人が賃貸借したアパートにおいて、同じ障害を抱えたかたがたで共同生活を送っていただくための家です。食事や家事など日々の暮らしの中で、本人の自己管理が行き届かない部分については、世話人(当法人の専任スタッフ)などの援助を受けることができます。ご本人のさらなる自立生活を助長することを目的にしています。

◎目的・特長

ひとり1室、2〜3名での共同住宅でのグループ生活です。
当法人の専任スタッフが地域生活上の身のまわりをサポートいたします。
医療・福祉機関と連携しながら、より自立に近づいた生活ができます。
自宅で自由にすごしたり、各施設に通うことが可能です。

↑ページトップへ
   
 
施設略歴
2001(平13)年01月 精神障害者グループホーム・一瓢開設
建物2棟を賃貸し、定員6名で運営開始
2003(平15)年12月 定員7名に変更
 
   
↑ページトップへ



好楽 越谷南部訪問看護ステーション 好楽(こうらく)

「好楽」は、ご自宅で看護などを必要とするかたがたを支援する訪問看護ステーションです。
熟成者(高齢者)のかたに限らず、精神障害をもつかたや
緩和ケアを必要とするかた、そしてそのご家族を対象に、
看護とアドバイスを行ないます。
24時間体制でご相談に応じています。


好楽の連絡先  電話 048−985−3332
住所 〒343-0851 埼玉県越谷市七左町4−154
電話 048-985-3332  ファックス 048- 985-0869
Eメール(佳境)  info@kakyo.jp     ›› お問合わせ
ホームページ(佳境)  http://www.kakyo.jp

↑ページトップへ

◎訪問看護ステーションとは?

退院後、ご家庭での療養を継続する必要があるかたに対して、医師の指示により看護師などがご自宅を訪問させていただき、療養生活の援助や看護サービス、あるいはご家族へのアドバイスやご相談などを行なっています。再入院防止のために在宅療養生活を親身になってサポートいたします。

◎目的・特長・モットー

好楽

在宅ケアとメンタルケアのプロフェッショナルが笑顔で訪問いたします。
保健・医療現場で十分な看護経験、知識、技術をもつ看護師がご自宅へ伺います。
訪問看護ステーション「好楽」では精神科看護の経験を生かし、こころの病をもつかたがたへの訪問看護、助言指導なども行なっています。
退院後の患者さまに、家庭や地域の中でより安定した療養生活を送っていただくことが目的です。
24時間ご連絡いただける体制です。


◎訪問看護サービスのご利用について

営業時間 月〜金 08:30〜17:30
※土曜・日曜・祝祭日および時間外のご利用については事前にご相談ください。
訪問時間 1回の訪問時間は30〜60分間です。介護保険ご利用の場合はケアプランにもとづいてケアを行ないます。
緊急対応 当ステーションは、24時間体制でご連絡を受け付けております。
ご利用方法
[医療保険のご利用]
まずは私たちにご連絡ください。当ステーションがかかりつけの医師とご連絡をとり、その指示のもとに訪問看護サービスを提供いたします。

[介護保険のご利用]
介護保険の要支援、要介護1〜5の認定を受けた場合、介護サービスのメニューのひとつとして訪問看護サービスを選択することができます。
ご利用地域
(訪問可能地域)
越谷市全域
草加市全域
春日部市→東武野田線より南側 要相談
岩槻市→東武野田線より南側
川口市→首都高速道路より東側



※上記以外の地域でも、お申し出によって訪問看護を受け付けますので、まずはご相談ください。
↑ページトップへ
   
 
施設略歴
1995(平07)年09月 越谷南部訪問看護ステーション・好楽開設
介護老人保健施設・南面内に事務所設置
1998(平10)年04月 事務所移転
法人本部事務所1階に移転
2006(平18)年03月 事務所移転
診療所・佳境3階に移転
 
   
↑ページトップへ



里仁

「里仁」は、居宅における要介護者等に通所してていただき、入浴および食事の提供(これらに伴う介護を含む)その他の日常生活上の世話ならびに機能訓練を行なう介護保険のデイサービス施設です。

里仁の連絡先  電話 048−985−3385
住所 〒343-0851 埼玉県越谷市七左町4−100−4
電話 048-985-3385  ファックス 048- 985-6683
ホームページ(里仁) http://www.geocities.jp/engoryo_rijin
Eメール(北辰)  info@hokusin.org     ›› お問合わせ

↑ページトップへ

   
 
施設略歴
1999(平11)年10月 援護寮・里仁開設
生活訓練施設20名+ショートステイ2名での運営開始
2009(平21)年4月 デイサービス(通所介護)施設に転換
 
   
↑ページトップへ



|